本文へスキップ

NPO法人 総合芸術支援協会 アートマネジメント講座 講師紹介

アートマネジメント講座 講師紹介lecturer

講師プロフィール (50音順、敬称略。講師は変更になる場合もあります。)

尾本 安代(おもと やすよ)

谷桃子バレエ団研究所を経て団員となる。 1973年、東京新聞主催全国舞踊コンクール第1位文部大臣奨励賞受賞。1979年文化庁派遣芸術家在外研修員としてキューバ国立バレエ団、モナコ・バレエアカデミーに学ぶ。帰国後、谷桃子バレエ団 公演に出演。1987年橘秋子賞受賞。 1989年服部千恵子賞受賞。 東京女子体育大学非常勤講師。東京新聞全国舞踊コンクール審査員などをつとめる。
NPO法人 総合芸術支援協会理事長。

小林 明子(こばやし あきこ)

幼少よりバレエを習う。日本バレエ協会公演に多数出演。 高田バレエスクール、MUSIC JOY吉祥寺バレエコースにて講師を務める。
1993年より新潟県三条市にてアキコバレエアソシエイションを開設。後進の指導にあたる。
2007年三条市合併記念事業オペラ「ヘンゼルとグレーテル」、2008年三条オペラ「「ホッツエンプロッツ」などの演出を担当。
2012年「県央地域に舞台芸術を育む会」を立ち上げ「くるみ割り人形」公演の演出、振付に携わり、行政、企業と連携して地域に舞台芸術を広める活動を行っている。
アキコバレエアソシエイション代表
県央地域に舞台芸術を育む会役員
日本バレエ協会会員
芸術管理運営実務士
日本アートビジネス学会会員

小林 進(こばやし すすむ)

日本に「アートマネジメント」という概念をいち早く導入し、理論と実践の両面からアートマネジメントに関わってきた第一人者。 「アーティスト・イン・レジデンス」事業のディレクターを担当するとともに、大学、大学院で研究・教育にも携わってきた。 民間の芸術支援を活性化させる方策として「ふるさと納税」のしくみを応用できないか、つまり「寄付金控除」という考え方である。主著に『文化を支える』(朝日出版社、1994)、『コミュニティ・アートマネジメント』(中央法規出版、1998)、『芸術と経営-アートマネジメント理論・実務・リサーチ』(雄山社、2004)などがある。翻訳としては、演戯訓練の書『シアター ムーブメント-俳優と空間』(劇書房、1983)がある。そのほか、女性の新しい生き方を取材した『好きを仕事に!』(共著、雄山社、2006)、『バレリーナ谷桃子物語』(雄山社、2008)などがある。
NPO法人 総合芸術支援協会副理事長。
日本アートビジネス学会理事長。

杉山 倫啓(すぎやま みちひろ)

東京都葛飾区文化施設の文化事業、市民参加型事業の企画・制作を担う。その後、民間企業による地域に根差した文化施設の運営を目指し、 株式会社ケイミックス 文化事業企画室を創設、文化事業企画室長を務める。数々の文化施設の指定管理者案件提案に携わり、年間200本以上の各種文化事業マネジメントを担う。 その後、株式会社プリンスホテル ビジネス開発部PPP事業担当部長を経て、静岡県コンベンションアーツセンター(グランシップ)プロデューサーに就任。
NPO法人 総合芸術支援協会副理事長。
日本アートビジネス学会副会長。

田中 英世(たなか ひでよ)

1954年1月28日、田中好道と君子の間に生まれる(田中好道は、旧帝国劇場に於ける日本初演のバレエ「白鳥の湖」の舞台監督であり、日本の舞台監督業の草分けである)。1981年、USAのフィラデルフィアにあるThe Pennsylvania Academy of the Fine Arts油絵科を卒業。在学中は、遠近法Price・クエーカーステイトPriceなどを受賞。 卒業後ヨーロッパ10カ国を4ヶ月間かけて鍋とテントを片手に旅行し、欧州における美術・建築・音楽・芸能等に触れる。 帰国後、(株)オン・ステージ・コードーに入社。以来国内外のオペラ・バレエを始め、モダン・フラメンコ・フラダンス・ パントマイムからミュージカルまで幅広い舞台公演に携わる側ら、数多くの舞台美術も手掛ける。 主な海外の舞台監督業として、ニューヨーク・シティーバレエ団、アルビン・エイリー、マーサ・グラハム、ニューヨーク ハーレムダンスシアター、マース・カニングハム、ヨーヨーマーとマークモーリスダンスシアター、EXPOのシルクロード アンサンブル公演、ポールテイラー、トワイラサープ、ローランプティ、フランクフルトバレエ団、ドレスデン歌劇場オペラ、 スタッツホッパーオペラ、ヴェローナ歌劇場公演、キーロフ、キエフ、ダンチェンコ、オーストラリアバレエ団、中国京劇団、 上海越劇団、ケルンパントマイム、サニーチンフラダンス、からスペイン国立バレエ団 etc等が挙げられる。 2005年まで、約24年間松山バレエ団の舞台監督および舞台美術にも携わる。同バレエに於ける舞台美術作品として、「白狐の湯」 「マンダラ」「ロッシーニ・デビルティスメン」などがある。 現在も国内外のバレエ公演、発表会等の舞台監督業を行っている。

仁田 雅士(にった まさし)

幼少期から高校時までを京都府北部の福知山市で過ごす。京都府立福知山高校を卒業後上京し国立音楽大学(器楽科クラリネット専攻)で学ぶ。
クラシックの声楽家団体『二期会』でオペラ制作のキャリアをスタート。1985年からは大型複合文化施設“Bunkamura ”の開業準備に参加。 1989年“Bunkamura”のオープニングを飾った「バイロイト祝祭劇場」の世界初の引越し公演をはじめ、主にオーチャードホールでのオぺラやバレエの企画・制作を中心にホール運営全体を統括。 1992年3年には横浜市の青葉台に新設された“フィリアホール”の運営の基礎作りとオープニング事業制作を兼務。 1996年からは東急文化村企画運営部長として“Bunkamura”の音楽・演劇・美術・映像の全てのホールの企画・制作・運営を統括。
2003年取締役文化事業部長。2006年常務取締役。2008年専務取締役。 2010年2月からは東急電鉄が推進する渋谷駅周辺の大規模再開発の第一弾として“東急文化会館”の跡地に建設された複合タワー「Shibuya Hikarie」の象徴となる大型ミュージカル劇場 “東急シアターオーブ”の開業準備室長、また2012年2月からはシアターオーブ事業部長を兼務し開業に向けた業務の陣頭指揮を執り、同年7月の杮落し公演、 ブロードウエイ・ミュージカル「ウエストサイド・ストーリー」を大成功に導いた。
2013年専務執行役員。2014年3月専務執行役員を退任。同時に東急シアターオーブ館長に就任。
1991年~1997年 新国立劇場開設準備音楽専門委員会委員
2003年~2009年 (社)日本クラシック音楽事業協会理事
日本アートビジネス学会副会長。
(株)東急文化村 東急シアターオーブ館長

野口 正明(のぐち まさあき)

国内大手食品企業で商品開発、生産管理、人事を経験後、米国大手企業のHRマネジャーに就任。外資の競争戦略的な威力を体験しながらも、日本企業の持つ「共同体」的なあり方に対する自身の強い共鳴に気付き、2006年スコラのプロセスデザイナーに転身。
「チームイノベーション」を得意とし、事業改革や営業改革、中期経営計画策定等の領域で、個人プレーの限界をチームによって乗り越え、その組織ならではの強みの源泉を発見し、イノベーティブなテーマ創出と実行につなげるというやり方で随一の知見と実績を持つ。一人ひとりの想いや行動が、縦横無尽に重なり合うことで、その総和を超える圧倒的なエネルギーや結果が生まれるという“創発”にかかわり続けることをライフワークとしている。

自然とアートに恵まれた里山・藤野(神奈川県)に2013年に移住。地域コミュニティでも”創発”を広げるべく活動中。NPO法人ふじの里山くらぶ理事。
日本アーツビジネス学会事務局長。

宮崎 淳(みやざき じゅん)

元鎌倉市生涯学習推進担当次長
鎌倉芸術館等公立の文化施設の管理運営や文化行政に携わる。
特に鎌倉芸術館では、文化事業の実施や、施設管理、法人運営等、施設の全般にわたる管理運営に携わる。

森 龍朗(もり りゅうろう)

元新国立劇場 制作部舞踊チーフプロデューサー
1954年、服部・島田バレエ団付属バレエ研究所入所。 1965年、パリ芸術劇場バレエ入団。1969年、帰国。1972年、バレエ竜の会 主宰、創作バレエによる公演活動開始。1974年、東京バレエセンター同人結成。1984年、社団法人日本バレエ協会理事、1992年 常務理事 総務担当。1994年、平成6年度文化庁特別派遣芸術家在外研修員(アーツマネジメント)。1995年、新国立劇場 制作部舞踊チーフプロデューサー就任。2002年、定年退職。
1996~2007年、駿河台大学 非常勤講師(文化情報科学「パフォマンス論」。 2006年、日本芸術文化振興会「文化デジタルライブラリー」舞台芸術教材バレエ編 監修。近著に「舞踊とバレエ―虚像による非言語コミュニケーション」(文園社 2011年)がある。

薮下 亜佐美(やぶした あさみ)

幼少よりバレエや各種ダンスを学ぶ。椙山女学園大学卒業後、地元のIT企業に就職するも夢を捨てきれず、2002年に劇団四季オーディションを受け入団。「ライオンキング」など多数の舞台に出演する。退団後、ダンスや演技の指導にあたる一方でシステム開発のプロジェクトマネジメント業務に携わりマルチキャリアを積む。現在はバレエスクール経営、舞台公演やイベントの企画、制作、マネジメントを行っている。
株式会社オフィスアクシス代表取締役。
NPO法人総合芸術支援協会理事。
日本アートビジネス学会理事。
芸術管理運営実務士。

バナースペース

NPO法人 総合芸術支援協会

〒238-0015
神奈川県横須賀市田戸台37-7
NPO法人 総合芸術支援協会

TEL 046-825-6723
FAX 046-825-6723

アートマネジメント講座に関するお問い合わせはこちら